美貌にいいというけれど…

美肌のために、ネットリ食品が効果的だと一心に言われます。

例えば、納豆やオクラ、モロヘイヤや山芋など。

も、自身は実にあのネットリした食感が不向きだ。フレーバー以前に、口の間や箸の後々で糸を引いてあるムードがイヤなのです。

嫌いだけれど、これがお肌にすばらしいならば…

といった、捨て身になって作ったのが、3トーンネットリ丼だ。

山芋をすりおろして、オクラのみじん切りといったひきわり納豆をトッピング。

味覚備えに刻みのりをちらして、現に!

食べて掛かる間はじっくり皮膚がテカテカになって出向く当人を思い描きながら、追及としてごっそりかっこみました。

それにしても、最初にネットリ食品を食べた第三者は、肝ったまがあるな思いました。

Comments are closed.